助産師だけど 不妊です‼︎

結婚4年目です。バリバリ助産師してたけど、肝心の我が子にはなかなか恵まれず…。他人様のベビーばかり取り上げている場合ではなーい‼︎てことで、只今助産師をお休みして絶賛不妊治療中です‼︎そんな日々の中で体験したことや感じたことを記していこうと思います。

始まりは 高プロラクチン血症

2013年4月、29歳の時に結婚式を挙げました。

と同時に妊活も解禁‼︎
早く赤ちゃん欲しかったからね♫
 
その時点で助産師6年目の中堅どころ。。。
そら〜子作りの仕方は知ってましたよ!
 
だから、始めから結構張り切って
早い段階で基礎体温もつけたりして
排卵日狙って夫婦生活を頑張ってました (笑
 
ところが半年経っても妊娠しない…?
むむっ!
 
そんな時、仲良しのドクターが声をかけてくれました。
「プロラクチン調べたことある?」
 
プロラクチンとはホルモンの一種なのですが
血液中のプロラクチンが多すぎると
排卵しにくかったり
高温期が短くなったり
着床しにくくなったり
と、不妊の原因につながる訳です。
 
そして何故ドクターがそんなこと聞いてきたかというと…
 
実はわたくし、生まれつき甲状腺が小さく
甲状腺機能低下症(クレチン症)
という持病があるのです?
 
「毎日きちんと薬を飲んでさえいれば
特に症状もないし不便なこともない病気。」
 
と、思って生きてきたけど
まさかここにきて妊娠に影響するとは‼︎
甲状腺の持病があると
高プロラクチン血症になることがあるということを
この時始めて知ったのです?
(もしかしたら学生の時習ってたのかもしれないけど…)
 
それで採血をして調べてみたところ
見事に高プロラクチン血症が発覚(^_^;)
この頃からプロラクチンの値を下げるべく
カバサールというお薬を
飲み始めることになったのです。
 
 
産婦人科で働いていたので
不妊に悩む夫婦が多いことも知っていたし
他人事ではないなぁ…
と思ってはいたけど
実際にその立場になってみると
始めはなかなかその現実を
受け入れきれませんでした。。。
 
でも、助産師をしていたからこそ
妊娠に関する知識があったし
身近にアドバイスをくれる人に恵まれたし
こうやって結婚半年という早い時期に
治療が必要なことに気付くことが出来たのだとも思います!

f:id:oyuki194:20160903151104j:plain